伯爵の嘆き

長い時を生きていればそれこそ無数の嘆きが存在する。
そんな嘆きを少しずつ振り返ってみようか…



<< 7人のマッハ!!!!!!!! : main : 感動の数時間、夢また一つ叶ったり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
待ち時間1時間、舞台挨拶5分って…
先週の木曜に親友S氏と零時から携帯と悪戦苦闘しながら取ったチケット。
携帯ではなく、PCで取れれば楽なのでしょうが、
PCだとアクセスビジーで繋がりません。
おまけに私の家は携帯の電波が入りにくく、あっさり玉砕です。
諦めていたところ、S氏に電話したところ、2枚取ったよ、の返事。
凄いな。

という訳で昨日行って来ました。
「Mr. and Mrs.Smith」先行上映、舞台挨拶付です。
舞台挨拶は主演二人、ブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーです。

*それでは当日の様子・感想です。映画の内容には一切触れていません
諸般の事情で会社から早退をし、一路六本木へ。
六本木には何回か行った事はあったのですが、
ヴァージン東宝シネマズ六本木ヒルズは初めてでした。
いや、今までいろいろな映画館に行った事ありますが、
大きかったです、何処よりも。
映画館に到着したのは開演時間より一時間近く前。
中でチケットを引き換え、再び、外でS氏を待つ。
何気なく、周りを観察してると、関西から来てる人もいました。
聞くでもなしに入ってくる会話によれば、翌日も舞台挨拶観るのだと。
「SAYURI」ですね。
私も同じですから。

待っている最中に「チケット待ちの方ですか?」と何人かに訊かれました。
オークションで買った人はその場で取引するんですよね。
私はまだ直接取引きしたことは無いのですが、
オークションはよく利用しています。
S氏が到着したのは開演時間の10分前。
私たちの席は前から4列目の左端の方。
ステージはよく見えますが、スクリーンが巨大過ぎて映画観るのは不適そうです。

開演予定時間18時になっても、席が埋まりません。
予想通りでも、言うのか、主役がまだ到着してない。
そりゃそうだろう、こんな時間に車で来るのは時間通り来れません、と言ってるようなもの。
会場内のアナウンスで開演が18時40分になるとのこと。

そうこうしてるうちに、スクリーン上で、リムジンが到着し、
中から主役が降りる姿が映される。
通常”レッドカーペット”と呼ばれるところを、
今回は作品の色に合わせて”ホワイトカーペット”と呼んでいた場所には多くの人が、思い思いの品を持って、
まだかまだかと待ち構えている。
主役二人が通訳の人、ボディーガード、東宝のスタッフの人を引き連れて、ホワイトカーペット上を歩いて行く。
サインをしながら歩いて来るから、とにかく時間がかかる。
”そんなサインなぞせずに早く来てくれ”
そう思っているのは恐らく私だけではなく、
席に座っていた皆だと思う。
そして、18時40分を過ぎても、主役二人はステージ上に現れず、
やはりホワイトカーペット上でサインをしていた。

ようやく主役二人が司会の襟川クロの紹介で登場したのは、
19時5分くらいだった。
ブラッド、アンジェリーナの順でステージ上に上がり、
最後に通訳の戸田奈津子が現れた。
会場は拍手と歓声でいっぱいだった。
この為に、地方からやって来た人も大勢いるのだろうから。
ステージ上のアンジェリーナは大きく、綺麗でした。
ブラッドは相変わらず、実物より映画の中の方がよく見えます。
二人はそして、19時10分くらいに姿を消しました。
二人が発言したのは、最初の挨拶と
”これほどの多くの人がいますが、どう思いますか?”
という映画と全くかけ離れた質問の回答だけでした。
映画にことを訊けよ!見所とか、苦労したところとか!
そんな事を叫びたかったのは私だけではない、
はずだと、思います。
兎にも角にも、予定開始より1位時間以上待った末に、
観た舞台挨拶は5分で終わりました。
二人がステージから去った後、席を立って出て行った人がいたことも追記しておきます。
閃紅の伯爵 : 雑記 : 15:56 : comments(2) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 15:56 : - : -
こんにちは!伯爵サン!

アタシもこの映画見たかったんです!!
先日の記者会見をテレビでも見たし。。。(内容より印象は二人についてばっかりだった気もします。)

最近なんだか映画がパッとしなくておもしろい映画がみたいなぁ。。。と感じているトコロでした。
伯爵サンは映画好きなんですね!
アタシは仕事が忙しく映画をなかなか見に行けないんですがオススメのDVDがあったら教えてください!!
リカ : 2005/11/30 9:19 AM

こんばんわ、リカさん
返信遅れ過ぎて申し訳ありません。
この映画はまさに二人の為の映画でしたね、
正直内容はあって無いようなものなので、二人に関わらないとアピール要素が無いのでしょうね。
面白い映画ですけど。

オススメのDVDですが、どんなのがお好きなのかわかりませんが、後ほど、リカさんのところでいくつか挙げていきます
伯爵 : 2005/12/04 7:45 PM











▲top