伯爵の嘆き

長い時を生きていればそれこそ無数の嘆きが存在する。
そんな嘆きを少しずつ振り返ってみようか…



<< SHINOBI : main : 女性って大変だな >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
検査
先週、検査を受けました。
先月末から通院してるにもかかわらず風邪が治らないのと、
最近吐き気と全身の痛みが酷かったからです。
検査は二日間、両方とも午前中に行われた。
初日は担当医の診断を受けてから、血液検査と検尿、それにレントゲンです。
二日目は胃カメラを行った後、担当医からの診断結果を聞きました。
初日の検査はどうってことないのですが、やはり二日目の胃カメラがキツイです。
何度やっても慣れません。
胃カメラの前日に新宿で呑んだことがどれほど影響あったのかは知る由もありませんが、
診断結果は結構ショックでした。
”食道にヘルニアが出来ている。逆流性食道炎だね”。
ヘルニアですか…
ヘルニアは私は生後すぐに患ったようなので、縁があるようです。
その時は「臍帯ヘルニア」で、また別物だったのですが。
前回のヘルニアが生死がかかる重病だったのに対し、
今回のはそれほどでも無いので、安心です。
因みに、「臍帯ヘルニア」は出生時に5000人に1人の割合らしいので、なかなかの運なようです。
威張ることでもないのですが。

なぜ、今回のヘルニアは出来てしまったのか。
担当医の話では以下の理由で起きるらしいです。
・姿勢が悪く猫背になっていると出来る可能性がある
・深夜遅く、食事をしたりすると出来る可能性がある
・早食いなどでも出来る可能性がある
・高脂肪の食事でも出来る可能性がある
基本的に胃が急激に大きくなる(膨らむ)と起きるそうです。

なるほど

9月までのプロジェクトでは夕飯を深夜2時以降とかに食べていたこともあり、なかなか理由が思い当たる点が多いです。
また、この病気は薬で完治することはなく、せいぜい薬で胃酸を抑えるくらいしか出来ません。
担当医もまだ若いから、年をとった時に、症状が悪化してるようなら、手術をするといいでしょう、とのことなので、
取り敢えずは放置です。
食事の時間と食事の内容と、姿勢に気を付けるとしましょう。
閃紅の伯爵 : 雑記 : 11:44 : comments(2) : trackbacks(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク : - : 11:44 : - : -
あたしも逆流性食堂炎なんです(-.-;)

食後の胃もたれやげっぷがずっと続いて、会社の健康診断の時に先生に胃もたれとげっぷが出ると言ったら「早食いなだけ」と言われて、ゆっくり食べるようにてたのに全く変わらず、症状が増え食後に淡みたいのがのどに絡むようになって、何も食べてない時にものどに異物感がでるようになってやっぱおかしと思い病院へいきました。
薬を飲んでますがまったくよくなりません(´Д`)
ぽちゃこ : 2005/11/27 10:04 PM

ぽちゃこさん。
プログへの訪問とコメントありがとうございます。

私を担当してくれた医者も、咳が多くなると言ってました。
症状にも軽重があるようですね。
幸い私はまだ咳が出ることもありませんし、今は吐き気も無くなっていますので、軽かったのではないと思ってます。
プログにも書いてますが、手術をすれば治るようです。
手術も簡単なものらしいので、どうしても治らないようでしたら、検討してみてもよいかと思います。
せっかく美味しいものを食べても、それでは楽しくないですからね
伯爵 : 2005/11/28 12:12 PM











▲top