伯爵の嘆き

長い時を生きていればそれこそ無数の嘆きが存在する。
そんな嘆きを少しずつ振り返ってみようか…



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク : - : : - : -
30年の時を越えて今、再び
1976年、昭和51年。
この年、私はまだ、当時7歳。小学校に入ったばっかりでした。
その頃、私はというと、「コンバトラーV」などのロボットアニメで夢中になっている時期で、超合金とか買って欲しくてたまらなかったのを覚えています。

その年、一本の映画が公開されました。
その作品は私にとっても忘れられず、今でも好きな邦画のベスト3に入るものになっています。
それは怖いけど、何故か哀しい映画です。最後はいつも泣いてしまいます。
昨日、実はレンタルでDVDで借りて見ましたが、やはり泣いてしまいました。
もう十回以上は見ています。話の筋書きも、全て知っています。
それでも、やはり泣いてしまう。
これは何故なのでしょうか?
多分、私の心の奥底に眠っている何かをいつも呼び起こすのでしょう。
幼い頃の、嫌々で堪らない日々を、思い出せるのかもしれません。
あの頃、もう外に出るのは嫌だし、人と会うのも嫌、挙句の果てには生きてもいたくない、そんな気持ちを強く抱いて、あの日々を。
しかし、私はこうして30年経った今も生きています。
そして、またあの怖くて、哀しい映画を観ることが出来ました。
その作品は誰もが別の人の為に、願いを叶えたい、助けたい、そう思う事により世にも哀しい惨劇が起こってしまう話です。
そう、邦画の名作とも言っても過言ではない「犬神家の一族」です。

私は勿論、映画館で観たことはありません。
再上映している時に観てみたいとは思っていましたが、一度も巡り会えませんでした。
私はテレビ放送で観たのが最初です。
その時は、高峰三枝子の恐ろしいばかりの形相で怖くて寝れなかったものです。
そしてその恐ろしい高峰三枝子の所業が全て、自分の息子の為、ということ。
息子も母を想い、自らの所業を行ってしまった、ということ。
もっとも、悪逆非道な男でさえ、自分の母親の為、恨みを晴らす為に行う。
全てが自分の欲ではなく、別の人の為。
それがこの作品の素晴らしさ。
昨今、親が自分の子供を殺す。
子が自分の母親を殺す。
そんな異常な世の中に、この映画が果たす役割は決して小さくはないと思う。
全篇に流れる音楽も哀しさに満ち溢れている。
大野雄二。ルパン三世でお馴染みの彼が音楽を担当しています。その為、何処か聞き覚えのあるメロディーですが、一度聞くと頭にこびり付いて離れません。
脇を固める役者も、個性があり、その上、素晴らしい演技を見せてくれます。
これが日本映画。
決してCGも、大規模なセットも使っていない、でも、間違いなく大作です。
私達日本人の琴線に触れる作品です。
その作品が30年ぶりに時を越えて、復活しました。
続きを読む >>
閃紅の伯爵 : 映画(私的感想あれこれ) : 01:44 : comments(0) : trackbacks(1)

▲top